個人年金保険料控除額を計算して調べる


税制改正があったおかげで個人年金保険料控除額が変わってしまいましたよね。
今までよりも貰える額が少なくなってしまうので改正後に加入した人は
一度個人年金保険料控除額がどれくらいのなのか調べてみるといいかもしれません。

個人年金保険料控除額は簡単に計算することができます。
例えば4万円以上8万円以下である場合は「(支払っている保険料)×4/1+2万円
というように計算していくと控除額が分かるようになっています。

スポンサードリンク

これは所得税の場合で、住民税の場合は額が少し変わります。
3万2000円以上5万6000円以下の人の場合、「(支払っている保険料)×4/1+1万4000円」が
計算式になるのでこの計算式を使って控除額を調べてみてください。

こういった計算式は調べてみるとすぐに分かるので、
気になる人は是非個人年金保険料控除額の計算式をしらべてみてはいかがでしょうか。

8万円以上支払っている人の場合は最大の控除額となっているので計算しなくても分かります。
また、支払っている保険料が低い場合は支払っている保険料分の控除が受けられるようです。
計算式は支払っている保険料の額によって若干変わるので、
ちゃんと知りたいのであればしっかり式を調べてから計算するようにしてくださいね。



posted by 個人年金保険 at | 控除について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。