個人年金保険料控除の条件は独身と既婚で違うのか


保険に加入していると個人年金保険料控除が受けられるようになるので
加入する人も多くいると思いますが、この個人年金保険料控除は
独身と既婚で大きく変わってしまったりするのでしょうか?

個人年金保険料控除額などは大きく変化してしまうということはないようです。
なので独身の時に加入しようが、結婚してから加入しようが
それは本人たちの自由となっています。

減税効果というものに関しては少しばかり違いがあることもあるようですが、
そこまで大きく変わってしまうということはないので
本当に好きな時、必要になった時になどに加入を検討するのが一番かと思いますよ。

スポンサードリンク

独身の場合はそこまで高額な年金保険に加入する必要は無いので、
自分が払っていけるようなもので構いません。
ですが、個人年金保険料控除を受けるには条件があるので受けたいと思っているのでしたら
そのことは決して忘れてはいけませんよ。

個人年金保険料控除を受ける条件の中には払込期間が10年以上でないといけないことがあります。
一括で支払っても別の控除を受けることができるのですが、
それは払い込みをした年のみなので、毎年控除を受けたいと思っているのでしたら
払込期間を10年以上に設定する必要があります。

これは既婚者も同じだと思うので、加入する時は良く確認するようにしてくださいね。



posted by 個人年金保険 at | 控除について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。