一時払い個人年金とは


個人年金の中には「一時払い個人年金保険」というものがあります。
多くの人が利用している個人年金保険は何年も一定の保険料を支払う積み立て型のものだと思います。
支払う保険料は自分の出来る範囲で決めることができるからそこまで負担にもなりません。
ですが、一時払い個人年金保険の場合は積み立てとは保険料の支払い方が大きく異なります。

この個人年金保険の場合は加入した時に必要な分のお金を一括で支払うタイプのものです。
なので、積み立てとは違って一回の払い込みで完了してしまうのですが、
その分支払う金額はかなり大きなものになってしまいます。

スポンサードリンク

この一時払い個人年金保険を利用する人の多くは定年退職する人で、
退職金を使って保険料を支払うのだそうです。
確かに退職金を使えば一括でも払えなくはありませんよね。

一時払い個人年金保険はいろんな保険のタイプに使うことができるのでとても便利なのですが、
控除を受けたいと思っている場合はあまりお勧めできません。
この保険でも控除を受けることはできるのですが、受けられるのは払い込みを行った年のみなので、
その次の年からは控除の対象外になってしまいます。

ですので、毎年控除を受けたいと思っているのでしたら一時払い個人年金保険は
あまりおススメできる保険ではないかもしれません。



posted by 個人年金保険 at | 保険の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。