一時払個人年金保険は個人年金保険料控除を受けられない


個人年金保険に加入すると個人年金保険料控除を受けることができるようになります。
個人年金保険料控除では所得税や住民税といったものの控除を受けることができ、
負担を軽くできるようになるので多くの人が利用しているかと思います。
しかし、この個人年金保険料控除一時払個人年金保険を選択すると利用できないって知ってましたか?

一時払個人年金保険に加入すると個人年金保険料控除を受けられないのは
個人年金保険料控除を受けるための条件をクリアすることができないからです。

条件の中には保険料払込期間が10年以上であること、というものがあるのですが、
一時払個人年金保険の場合は払込期間が数年などではなく、
1日、しかもたったの1回で完了してしまうのでこの条件をクリアすることは不可能です。

スポンサードリンク

ですので、個人年金保険料控除を受けたいと思っているのでしたら
加入する保険を何にするのかよく考えた方がいいかもしれません。

ただ、一時払個人年金保険でも払い込みを行った年だけ控除を受けることができる
生命保険料控除」というものが適用されるので全く何の控除も受けられない
というわけではないようですね。

控除を受けられる期間はかなり短いですが、一時払個人年金保険を利用したいと思っているのでしたら
こちらの控除を受けるようにしましょう。



posted by 個人年金保険 at | 控除について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。