一時払個人年金保険で所得税の控除を受ける時の注意点


個人年金保険では所得税などの税金を控除することができる「個人年金保険料控除」
というものがあるので利用している人も多くいると思います。
ほぼ全ての個人年金保険で利用できるのですが、一時払個人年金保険の場合は
個人年金保険料控除が受けられないので注意しましょう。

一時払個人年金保険の場合は払い込みが1回で完了してしまうので
個人年金保険料控除は受けられません。
その代わりに「生命保険料控除」というものがあるので一時払個人年金保険でも
所得税などの控除を受けたいのであればこちらを利用するようにするといいかもしれません。

スポンサードリンク

ただ、一時払個人年金保険で控除を受ける場合は控除を受けられる回数などに気を付けてください。
控除は名称が違うだけで所得税などの受けられるもの自体は一緒ですが、
回数については大きく異なるので注意しましょう。

個人年金保険は一般的に払い込みがあった年のみ控除を受けられるとしています。
ですので、何年にもわたって払い込みを行っているのでしたらその都度控除を受けられますが、
一時払個人年金保険の場合は払い込みが1回なので払い込みを行った年以外は
控除を受けることができなくなってしまいます。

これはかなり大きな差ですので忘れないようにしてくださいね。



posted by 個人年金保険 at | 控除について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。