個人年金保険には雑所得がかかることがある


個人年金保険は将来年金生活をする時に足しになるものなので多くの人が加入していると思います。
しかし、年金は課税対象となっているので受け取る際は雑所得を差し引いた額を受け取ることになります。
この雑所得の額は計算でどのくらい引かれるのか分かるようになっているそうですので、
気になる人は一度計算してみるといいかもしれませんよ。

個人年金保険で必要になる雑所得は、年金の支給額から必要経費を差し引けば分かります。
差し引いた答えが雑所得になるので気になる人は是非計算をしてみてください。

雑所得は年金を受け取る際に必ず必要となるものではなく、
所得控除額よりも雑所得やそれ以外の所得を足した額の方が上回ってしまった時に必要になります。
ですので、所得控除よりも下回れば雑所得が差し引かれることもないかと思います。

スポンサードリンク

年金にまで税金がかかるなんてと思う人もいますが、
こればっかりはどうすることもできないので諦めるしかありません。

まだ加入していないのでしたら雑所得のことや個人年金保険料控除についてのことも
一度調べてみるといいかもしれません。
もしかしたら知らなかったがあるかもしれませんし、
知っておくと便利なこともあると思うので自分なりに調べてみることをおススメします。



posted by 個人年金保険 at | その他年金についてのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。