通貨選択型個人年金保険は普通の個人年金とは違う


皆さんは通貨選択型個人年金保険というものを知っていますか?
人によってはすでに加入している人もいるかと思いますが、
この通貨選択型個人年金保険とは一体どういったものなのでしょうか?

普通は日本円でのやりとりになるかと思います。
日本に住んでいるので何をするにも日本円かと思いますが、
通貨選択型個人年金保険の場合は日本円ではなく米ドル、豪ドル、ユーロといった
海外の通貨を利用して保険料の払い込みを行ったり年金の受け取りを行ったりします。

特約を付ければ日本円でのやり取りもできますが、
それ以外であれば全て選択した通貨が使われることになるので
日本円と同じように考えてはいけません。

スポンサードリンク

例えば日本円での100円と米ドルの100ドルは全く違いますよね。
しかもいつも一定というわけではなく毎日変動していくのでこういった知識が無いと
最初は難しく感じることもあります。

市場金利なども全て選択した通貨のものが反映されることになるので、
きちんと計算しながらやっていかないと後で大変なことになる可能性もあります。
もしかしたら元本割れになることも考えられるので慎重にならないといけません。

ですが、上手くいけば将来多くの年金を受け取れる可能性もあります。
ハイリスク・ハイリターンな個人年金ではありますが、
興味があるのでしたら一度どんなものか見てみるといいですよ。



posted by 個人年金保険 at | 保険の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。