個人年金保険の相続対策方法


老後の生活の為に個人年金保険に加入している人も多くいますよね。
実際に受け取っている人も多くいると思いますが、
もし年金の受け取りを開始した後などに契約者が死亡してしまった場合はどうなるのでしょうか?

受取期間が終了していないのに契約者が死亡してしまった場合は死亡給付金を受け取ることができます。
ただ、この死亡給付金は相続財産とみなされるので
どんなに個人年金保険であろうと相続税などが発生してしまうことがあります。

相続税には控除というものがあるので特に関係ない人もいるでしょう。
ですが、相続税とは関係なかったとしても死亡給付金を誰に相続させるかという問題が残っています。
死亡給付金も財産となるので誰かの手に渡ることになるのですが、
もし渡したくない人やこの人には渡したいというものがあるのでしたら早めに相続対策をしておきましょう。

スポンサードリンク

個人年金保険の死亡給付金は遺産分割協議の対象に入っていません。
ですので、契約者本人が誰かを指定しておけば自動的にその人の手に渡ることになります。
これはかなり使える方法ですので相続対策として使ってみてはいかがでしょうか。

この他にもいろいろな相続対策があるかもしれないので、
気になる人はどんな方法があるのか調べてみるといいかもしれませんよ。



posted by 個人年金保険 at | その他年金についてのあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。