一時払個人年金保険では控除を1度しか受けられない


人によっては一時払個人年金保険に加入する人も多くいると思います。
1回に支払う金額はかなり大きなものになりますが、1度の払い込みで完了してしまうし
支払い総額を見てみると一括で支払った方が安かったりするのでお得なこともあります。

また、生命保険料控除というものも受けられるので便利に感じている人が多いですが、
一時払個人年金保険控除を受ける際は気を付けなければならないことがあります。

一時払個人年金保険控除を受ける場合は受けられる期間に注意しましょう。
少しずつ保険料を支払っていく場合は毎年払い込みを行っていくと思います。

続きを読む
posted by 個人年金保険 at | 控除について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一時払個人年金保険で所得税の控除を受ける時の注意点


個人年金保険では所得税などの税金を控除することができる「個人年金保険料控除」
というものがあるので利用している人も多くいると思います。
ほぼ全ての個人年金保険で利用できるのですが、一時払個人年金保険の場合は
個人年金保険料控除が受けられないので注意しましょう。

一時払個人年金保険の場合は払い込みが1回で完了してしまうので
個人年金保険料控除は受けられません。
その代わりに「生命保険料控除」というものがあるので一時払個人年金保険でも
所得税などの控除を受けたいのであればこちらを利用するようにするといいかもしれません。

続きを読む
posted by 個人年金保険 at | 控除について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一時払個人年金保険は個人年金保険料控除を受けられない


個人年金保険に加入すると個人年金保険料控除を受けることができるようになります。
個人年金保険料控除では所得税や住民税といったものの控除を受けることができ、
負担を軽くできるようになるので多くの人が利用しているかと思います。
しかし、この個人年金保険料控除一時払個人年金保険を選択すると利用できないって知ってましたか?

一時払個人年金保険に加入すると個人年金保険料控除を受けられないのは
個人年金保険料控除を受けるための条件をクリアすることができないからです。

条件の中には保険料払込期間が10年以上であること、というものがあるのですが、
一時払個人年金保険の場合は払込期間が数年などではなく、
1日、しかもたったの1回で完了してしまうのでこの条件をクリアすることは不可能です。

続きを読む
posted by 個人年金保険 at | 控除について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人年金保険料控除の条件は独身と既婚で違うのか


保険に加入していると個人年金保険料控除が受けられるようになるので
加入する人も多くいると思いますが、この個人年金保険料控除は
独身と既婚で大きく変わってしまったりするのでしょうか?

個人年金保険料控除額などは大きく変化してしまうということはないようです。
なので独身の時に加入しようが、結婚してから加入しようが
それは本人たちの自由となっています。

減税効果というものに関しては少しばかり違いがあることもあるようですが、
そこまで大きく変わってしまうということはないので
本当に好きな時、必要になった時になどに加入を検討するのが一番かと思いますよ。

続きを読む
posted by 個人年金保険 at | 控除について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全労済でも個人年金保険料控除が受けられる


保険に加入しようと思っている人の中には個人年金保険料控除を受けたいと思っている人も
結構多くいるのではないでしょうか。
しかし、加入の仕方によっては個人年金保険料控除を受けることができない場合もあるので
加入する際はよく確認しながら契約をしていくようにしましょう。

全労済の場合は税制適格タイプや税適プランといったものにすれば控除を受けられるようです。
これにすればねんきん共済でも新断代年金共済でも個人年金保険料控除が受けられるので、加入する前に良く話し合ってから決めてみてください。
分からないことがあれば問い合わせをしてみたり直接話を聞きに行くのもいいかと思います。

続きを読む
posted by 個人年金保険 at | 控除について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人年金保険料控除額を計算して調べる


税制改正があったおかげで個人年金保険料控除額が変わってしまいましたよね。
今までよりも貰える額が少なくなってしまうので改正後に加入した人は
一度個人年金保険料控除額がどれくらいのなのか調べてみるといいかもしれません。

個人年金保険料控除額は簡単に計算することができます。
例えば4万円以上8万円以下である場合は「(支払っている保険料)×4/1+2万円
というように計算していくと控除額が分かるようになっています。

続きを読む
posted by 個人年金保険 at | 控除について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人年金保険料控除は改正前と改正後でどう違うの?


個人年金保険料控除の税制改正があったことは多くの人が知っているかと思います。
年金を支払っている人であれば関係のあることなので知っている人の方が多いと思いますが、
この個人年金保険料控除の控除額は改正前より改正後の方が額が低くなっているので、
これから保険に加入しようと思っているのでしたら良く確認してから加入するようにしましょう。

税制改正前の個人年金保険料控除額は住民税が最大3.5万円で所得税が5万円でした。
しかし、税制改正が行われた現在は住民税が最大2.8万円、所得税が最大4万円になっています。
ただ、これは最大の額なので支払っている保険料の額が少なければもっと少なくなってしまいます。

続きを読む
posted by 個人年金保険 at | 控除について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。